NYガールズダイアリー シーズン4 第11話あらすじ(ネタバレ) | ハナは海外ドラマ中毒

NYガールズダイアリー シーズン4 第11話あらすじ(ネタバレ)

VOD

NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち

シーズン4 第11話 『レベルアップ』あらすじ

今回はなかなか見ていていしんどい回です。

術後のジェーンは本当に辛そう。

リアルはもっと過酷なんだろうけど、このドラマからも大変さは十二分に伝わります。

術後のジェーンはレベルアップできるのか?

あらすじはネタバレしているので注意してね♡

前回までは・・・

キャットは不正に入手したRJの納税申告書を公表して、会社を解雇されてしまう。

サットンは結婚式当日にスタイリストになることを決め、リチャードは戸惑いながらも別居婚を承諾する。

そしてジェーンは、彼の浮気がキスだけではなく体の関係を持っていたことを知り分かれることに。
そして遺伝子変異で乳がんになりやすい乳房を切除する手術を受ける。

詳しいあらすじは👇を見てね☺

あらすじ

術後のジェーンはサットンとキャットに付き添われ帰宅する。
ジェーンはスプーンも持てない。
自宅でのリハビリは指で壁を伝いながら腕を上げていく。

サットン、キャット、同居中のアレックスが看病をしてくれたおかげで、少しずつ顔色も良くなり、以前のジェーンに戻っていく。
壁のリハビリも順調。手が上がるようになってきた。
だいぶ元気も戻ったところで、サットンとキャットに胸をお披露目。
存在感がハンパない、というキャットに
ジェーンは「何だわたしっぽくない気がする」と答える。前の子が恋しい・・・

ジェーンは”女性会員制クラブ ザ・ベル”の会員に申し込んでいた。
このクラブは有名人がたくさん。

3ヵ月ぶりに復職。
ジェーンは入館ゲートにいる警備員の視線が胸にきた気がした。

オフィスに入ると、「お帰りジェーン」とみんなにお祝いしてもらう。
お祝いのカップケーキを受け取ると、形がおっぱいに見えてしまう・・・

新しく立ち上げたヴァーティカルの運営を任される。
まずは新しいライターの採用から。
気になるライター2人とコンタクトをとり、面接することに。

 

サットンはアシスタントのティモシーと楽しく仕事していた。
明日は元子役・マーラの撮影。
撮影用の衣装、ナターシャ・ヘニングの服を借りに行くと、マーラには貸し出せないと言う。

「うちのデザイナーとの撮影で酔っ払って現れ、服をバッグに入れて持ち去ったの。」

 

会社をクビになったキャットは、大企業に抗議活動をしていた。
そんなキャットを心配して両親が訪ねてきたが、キャットの行動に理解を示すことはなく、部屋のローンが払えないなら他の人に貸し出すと告げる。

ジェーンがオフィスで仕事をしていると、同居しているアレックスが「自宅の修繕が終わったから月末でアパートを出る」とジェーンに伝えた。

 

ー翌朝

ジェーンは会社へ着ていく服に着替えているが、なんだかしっくりこない。

気持ちが不安定な中、ライターの面接をする。
大学の話になると、ジェーンは少しつっかかった。
そして彼の視線が気になる。
思い切って「もしかして胸を見てる?」と聞いた。
女性の味方だと書いてる割に最低な・・・と言いかけると、
彼は「すみません、でもそこにクリームがついていて・・・」

オーマイガー

ごめんなさい、勘違いしちゃって。本当はこんなんじゃないけど・・・
と弁解するジェーンに、

気にしないで下さい。と言って彼は足早に立ち去って行った。

面接は大失敗!

 

サットンの方は今日が撮影当日。
今回のモデル・マーラに服や靴下まで盗まれないよう、アシスタントに注意を促した。
するとジェーンが駆け込んできて、面接での大失敗を話した。

「焦る気持ちもわかるけど、あなたは昇進に値する人よ」とジェーンを励ます。

「ありがとう、サットンもね。」

「2人ともレベルアップしてる。」

ジェーンは「簡単にやれると思ってた。」と言うと、
「精神的に、プロ意識も強くなったわ。」とサットンは返した。

 

マーラが到着し、スタジオへ案内し今日の服を見せた。
打ち合わせと違う服だと言うマーラだが、サットンは適当にごまかす。
そして一人で着替えられるというのに、強引にアシスタントを付いていかせた。

撮影が終わり、マーラの謙虚さにサットンは戸惑い、今回の件を説明しようとすると、マーラから「服を変更した理由はわかる」と先に言われてしまう。
続けて、「説明させて」と言い過去の件を話し出した。

マネージャーだった母が私のお金を盗んでいたの。
親に裏切られるって最悪。
だから私もあの日、服を盗んだの。
つい周りの誰かに八つ当たりしたくなって。
全部返したけど手遅れだった。

子役から脱皮したいのに母との問題が公になったら・・・
バッシングが怖くてできないと語る。

サットンは周りの情報を鵜呑みにして信じてしまった自分を恥じ、彼女に謝った。

 

ジェーンはZ世代のライターの面接。
世代間ギャップに戸惑い、彼女のペースで面接が進む。
面接中スマホを操作する彼女にチクりと言うと、「メモを取ってるんです」と言われてしまう。
ザ・ベルの事を話題にすると彼女がくいついてきた。
そして彼女はジェーンがザ・ベルの会員だと勘違い。
ジェーンはその勘違いを訂正せずに面接は終わった。

ー次の日の朝

ジェーンが面接でザ・ベルの会員だとウソをついてしまった事をキャットと話していた。
するとキャットは驚く行動にでる。
ザ・ベルに「ジェーンの秘書」のふりをして電話をかけ、本日4時に面接を取り付けたのだ。

早速面接に向かったジェーン。
面接官に「わたしの知らない話で驚かせて」と言われ、
「分からない。実は今、自分を見失っている最中で・・・」とジェーンは素直に話す。
胸は偽物だし、何を着ても似合わないし、仕事に復帰したばかりで人の上に立つ準備は出来てると思ったのに、世間話もできない。
22歳のライターを雇いたくて、ザ・ベルの会員だとウソをついた。
全然私らしくない。自分に戻りたい・・・
不安げなジェーンに面接官は「見た目が変わろうとあなたはあなた。」とジェーンを理解し、入会を許可した。

 

昨日撮影した写真を見て気分が浮かないサットン。
マーラに申し訳ない気持ちでいっぱい。
リチャードからの電話で励まされ、挽回することを決める。
サットンは急いでナターシャの衣装を借りに行く。

誰にでも過ちはあるから、挽回するチャンスを与えたいと懇願した。

衣装を借りることはできたが、次は撮影場所が決まらない。
ジェーンとキャットに連絡をすると、ジェーンが会員になったばかりのザ・ベルを提案。

昨日面接に行った会社で再度面談する予定だったキャットもマーラの撮影に合流した。
面談に行かなかった理由を2人が聞くと「仕事は断った。幸せじゃなきゃ意味はない。」とキャット。

昨日面接してくれた担当者と契約事項を確認していると、政治的な発言は禁止という項目があった。
発信することはキャットにとってとても大事なことだったのだ。

撮影は順調に進んだが、終盤、サットンがいきなり吐き気に襲われ、植木鉢にリバース💦

リバース以外は問題なく撮影が終わり、3人はほっと一息つきながら雑談していた。
仕事していないから小銭を稼がなきゃ、とキャット言うので、ジェーンが「アレックスが家を出るからうちに来たら?」と誘った。
キャットは「2ヵ月前に修繕は終わっているのになんで今出るの?」と。
ジェーンは何かに気づく。

ジェーンは翌朝会社で、アレックスにニックス対レイカーズのチケットを渡した。
2ヵ月もうちに残って面倒をみてくれて感謝していると彼に感謝の気持ちを伝えた。

会社を断ったキャットは父に「自分でなんとかするから、ここを誰かに貸し出してもいいよ」と伝える。吹っ切れた様子。

サットンは久しぶりにリチャードに会っていたが、吐き気がおさまらない・・・
生理が4日遅れていることに気づく!!!

妊娠してる!?

感想

ジェーンは乳房を切除・再建して、心も体も大変そうでした。
普段あまり考えていませんが、胸は女性にとってとても大切なものなんですよね。
体の一部が変わると心にも影響がでますよね・・・

ジェーンの体と気持ちの事、サットンは周りからの情報を鵜呑みにしてしまうところ、キャットの仕事に対する向き合い方など、今回も色々と考えさせられる内容でした。

 

■次回

NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たちシーズン4 第12話 『ある雪の日に』あらすじ

このドラマが好きな人は、「エンジェルズ・シークレット」も気に入るはず!
スタイル抜群のモデルさんたちがいっぱい出演しています。
よかったら覗いてみてね↓

エンジェルズ・シークレットの主役は?何語?モデルの裏側って…!?

 

Hulu※ご紹介している作品は、2020年7月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

ランキングに参加しているので、
応援してくれると相当喜びます♪